「そぼQの部屋」へようこそ!     ★「そぼQの部屋」は月3回(5日・15日・25日)更新の予定です
【昔のペーシ】 2002年版 2003年版 2004年版 2005年版 2006年版 2007年版 2008年版 2009年版  2010年版 
2011年版 2012年版 2013年版 2014年版 2015年版 2016年版 2017年版 2018年版   



質問者: 新米さん
ピアノを教えて半年の新米です。
小学3年の女の子が、毎回ピアノの前で泣きます。
叱りもしないのに、なぜ泣くのか理解できず困っています。
お母さんは「保育士にしたいので、泣いても構わないので上手にして欲しい」と私を責めますが、
ピアノを持っていないし、練習はしてこないし、レッスンも進まずはっきり言って迷惑な生徒です。
こんな場合に、どのような対処をしたら良いと思いますか?


回答者:そぼQ さん
「楽しく優しく、練習もせずに上達なんてするはずはない」とお母さんとお子さんに教えましたか。
お母さんは、通ってるのに上手くならないと思っているのでしょうね。
ピアノが上手になる人の努力を知らず、子供に教えようともしていない。
ピアノというものを甘くみているのでしょうか。

練習しない子・泣く子は、新米さんの責任ではないと思います。
子供さんの方針を変えてあげれば、泣かなくなる場合があります。
練習してこなくても弾ける簡単な曲を趣味でやらせてあげる。
そのためにはお母さんを説得して、新米さんが変わるしかないでしょうね。

本当はクラシックの為のきちんとしたレッスンをしたいのに、それが出来ないジレンマは残ります。



   【ゲゲゲの鬼太郎】

鬼太郎のオープニング主題歌を久しぶりに聞いた。
鬼太郎の主題歌といえば熊倉一雄でしょ、吉幾三も知っている。
アレンジが面白くてCDを持っているのだ。
ところが本日たまたま、氷川きよしの歌を聞いた。
少々キーが高かったが、悪くは無い。

目玉親父や鬼太郎、ネズミ男は昔と変わらなかったが、
ねこ娘がすごい美人さんになっていたのには驚いた。

何十年振りに見たが、とても懐かしく新鮮ささえ感じた。





なし

                                                       ▼TOP



1

 あざみノ会 音楽教室
  2018/8/5版
 【レッスンコース】   ▼HOME
▼そぼQの部屋
 (質問&コラム)
▼アクセス そぼQへの質問
 ●ピアノ
 ・クラシック
 
・ポピュラー
 
・ジャズ


 ●エレクトーン
 ●ドラム
 ●ヤマハグレード取得
 ●受験準備
 
・教員・保育士
 ・音大・音高受験
 ・音符(ドレミ)の読み方
 ・伴奏付け ・コードネーム

 ●通信レッスン
 ●チケットレッスン
 ・1曲レッスン
 ・2ヶ月体験コース